これまでのあらすじ
21歳の彼女と25歳の彼氏(私自身)が恋におち、相思相愛のなかで、ある日突然彼女はガン宣告をうけ、残された時間は余命1年くらい。そんな絶望的な状況の中で「愛と死をみつめて」二人の間には真実の愛、永遠の愛を求めての旅が始まって行く実話のブログです。その経験をもとに真実の愛とは、死とは、永遠の愛とは何かを考えていきます。

2011年01月12日

愛情と執着

愛情と執着の関係

ある異性のことを好きになると、その人のことで頭がいっぱいになります。寝ても覚めてもその人のことばかり考え、ほかのことはまったく手につかなくなることもあります。
その人と恋人同士として付き合うことができたら、どんなに幸せだろう。毎日一緒にいることができたら、あんなこともしてみたい、こんなこともしてみたい。うきうきと楽しい夢に思いを馳せます。

それ自体は、素晴らしいことです。人を愛すれば、少しでも長く一緒にいたい、あらゆることを共有したいと思うのは当然のことです。
しかし、「逆もまた真なり」ではありません。
相手のことで頭がいっぱいだからといって、それを「純粋な愛」だと思い込んでしまうところに、大きな落とし穴が潜んでいます。

「相手のことばかり考える」のと、「相手を思いやる」のとは異なります。
いつも相手の顔ばかりが頭に浮かび、「この人に愛されたらどんなに幸せだろう」と夢見るのは、単なる自分の「欲求」でしかありません。それは愛の大きさではなく、「愛されたいという欲求の大きさ」にすぎないのです。

「愛されたいと願うこと」は、何の努力も必要とせず、誰にでもできる簡単なことです。よちよち歩きの赤ん坊だって、母親に愛情を要求します。

それだけのことで、「私は、こんなにもあなたのことを愛している」などと恩に着せるような言い方をしてはいけません。

そういう執着気質の人はたいてい、その押し付けがましさゆえに敬遠され、「どうして私の切なる思いを判ってくれないのか」と、逆に相手を責めることになります。

untitled55.bmpそして、「どうせ他人を愛しても、拒絶されて傷つくだけだ」と、恋愛に恐怖心を抱き、ますます自己嫌悪に陥ってしまいます。

しかし、そこで立ち止まって考え直してみてください。

「他人に執着すること」を愛情だと勘違いしてはいけません。
ストーカーになってしまうような執着気質の人は、自分のことを「純粋で一途な人間」だと思い込んでいるので、始末が悪いものです。

単に「相手のことで頭がいっぱいになっている」状態が愛なのではありません。
そういう人はまた、相手にも「私のことばかり考えてくれること」を要求しますが、そんな無味乾燥で不毛なやり取りは、いたずらに精神を労費させるだけです。

愛は、もっと積極的な努力を必要とするものです。
努力といっても、「相手の気を引くための努力」ではありません。

相手の性格を理解し、相手が何を考えているかを想像し、どうされれば嬉しいのか、何が相手にとっての幸せなのかを考えてあげることです。

それを押し付けではなく、あくまで相手の立場と気持ちを考えながら、示してあげなくてはなりません。

「他人が自分のことをどう思っているかが気になって仕方がない」という若者が増えていると聞きます。
それは、自分のことばかり考えていて、相手の立場になって考えていないからです。

「自分の気持ちを判ってほしい」と押し付けるばかりで、相手を思いやる努力をしていないから、いつまでたっても不安なのです。

相手の立場になって考えずに、相手の気持ちが判るはずがありません。
そういう人は、たとえどんなに真剣に「愛している」と言ってくれる人が現れても、心から信じることはできず、「いつか嫌われるかもしれない」という不安に悩まされ続けるのでしょう。

執着気質の人は、絶対的で普遍的な結果を求めてしまいがちです。まず完全な安心感が得られなければ、恋愛関係を始められないと思っているのです。

「永遠の愛を誓う」などというのは、美しい言葉ではありますが、最初からそんな形式的なことにとらわれても意味がありません。

相手をよく知りもしないうちから、「愛を誓う」ことなどできるはずがありません。愛を始めることは簡単ですが、続けていくことが難しいのです。

好きな人ができたなら、まずは、「私は、あなたのそばにいることが嬉しくて仕方がない」という気持ちを充分すぎるほどに伝えてください。

好意を持たれれば、誰だって嬉しいものです。その喜びは自分の自信となり、生きる支えとなります。「好意を示す」だけでも、充分に「相手のため」になっています。

焦ってそれ以上の結果を求めようとするから、失敗するのです。

「今、自分は相手から好かれているか、嫌われているか」をはっきりさせる必要はありません。それよりも、「少しずつ、相手との良好な関係を築くために努力しよう」ということに意識を向ければ、ずいぶん気は楽になります。

「今、できること」をこつこつと積み上げていくほかには、愛を育てる方法はありません。

その言葉で・・・

愛してる・・・の一言で

私は満たされる

一人で眠ることが 辛い日でも

悲しみに 押しつぶされそうな時
 
どんな辛いことがあっても

私はその一言で癒される
 
愛してるの一言で・・・

 
冷めた彼の心を、もう一度夢中にさせる方法
★彼を振り向かせる最強恋愛術


ラベル:愛情と執着
posted by たかちゃんの恋愛論 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛情と執着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
             

サイトマップ

  • 愛とは

  • 宇宙が始まった時から愛は始まった

  • 愛=性欲=本能・・・か?

  • 愛とは見返りを求めない!

  • 大宇宙の愛

  • 21歳のフィアンセは星になった・・・

  • 愛は永遠(とこしえ)に

  • ウェディングベルは鳴る

  • 愛と死をみつめて パート2

  • 愛と死を見つめて パート3

  • 愛はさいはての大地に永遠に・・

  • 愛と恋とのちがい

  • 愛は死の恐怖を超越する

  • いのちよりも大切なもの

  • 恋は相手を所有し束縛する

  • 異性に必ずもてる方法

  • 海の見える小高い丘に愛は永遠に眠る

  • 生きていく力は命より大切なものが・

  • 愛は忘却のかなたへ

  • 過去に何を経験したかにより今が決まる

  • 永遠に続く恋愛はない!

  • 恋愛の終着駅に向かって

  • 愛に執着することなかれ

  • 恋と愛とのちがい

  • 見返りを求めた愛は真実の愛ではない

  • 長く続く恋愛とは?

  • 素直な心が真実の愛をはぐくむ

  • 真実の恋愛は永遠の愛へとむかう

  • 愛は時間よりも質が大切

  • 愛は独占するものではない

  • 真実の愛と執着の愛

  • 真実の愛は苦しみや悲しみの先にある

  • 真実の愛に向かう恋愛論

  • 愛されるための条件

  • マコとミコ 愛と死をみつめて思うこと

  • 恋愛を超越する人間愛

  • 愛は不滅であるが恋は永遠には続かない

  • 恋愛とセックスの関係

  • 恋愛の目的は真実の愛を育てるため

  • はじめてのセックスが大切

  • 悪いセックスや恋愛は真実の愛から遠くなる

  • 恋愛と友情とのちがい

  • 真実の愛はやがて人間愛に成長する

  • 女性は愛されてこそ幸せ

  • 相手の気持ちが知りたくなる恋愛

  • 無償の愛のむずかしさ

  • 真実の愛の法則

  • 真実の愛を忘れた日本人

  • 依存性愛の本質

  • 惜しみなく愛は奪う

  • 父母の中にみる真実の愛

  • 宮沢賢治にみる真実の愛

  • 愛する者との別れ

  • 愛と情

  • 理想の愛を求めて

  • 愛と性について

  • 真実の愛は以心伝心では伝わらない

  • 自分を愛する自己愛

  • 真実の愛を育てるために

  • I LOVE YOU より I NEED YOU

  • 愛という鏡を覗き込んで自分を見る

  • 話をしなくても愛は確かめられる

  • 男と女の愛の表現のちがい

  • 思いやりと信頼の心で愛を育てる

  • 永遠の愛を育てるための5つの項目

  • “恋愛”という利己愛

  • 「優しさの安売り」という利己愛

  • 「愛」は人を幸せにしてくれます

  • 人を幸せにすること

  • 結婚の幸せも四年とは……。

  • 人を幸せにすることを自分の幸せと感じる

  • 愛する人にとって「一番」でいたい

  • 真実の愛を育てるために

  • 愛は形を変え成長する

  • 愛とは継続することである

  • 女性が愛を確信する時

  • 愛とは思いやりの心

  • 女性は愛を形で表わしって欲しい

  • 二人で探す「愛の宝の箱」

  • 真実の愛は相手を信頼すること

  • 母性愛の強い女性のジレンマ

  • 愛を育てる無私の姿

  • 愛してもらう努力

  • 相手を愛することとは・・

  • 真実の愛は人を幸せにする

  • 一緒にいて幸せを感じる愛

  • 愛することのできる人を選ぶ

  • 愛することと嫉妬すること

  • 愛と幸福

  • 恋愛恐怖症

  • 愛は人を幸せにする

  • 本当に好きな人との愛

  • 苦しみは愛によってのみ救われる

  • 愛する幸せ

  • 自分を愛する人

  • 人を好きになる法則

  • 愛情と執着の関係

  • 愛されることが怖い人

  • あなたは愛が欲しいですか?

  • 愛を告白するときの心構え

  • 愛される女性になる

  • 愛の告白について

  • 失敗しない愛し方

  • 愛し方がわからない

  • あなたの愛は真実ですか

  • 真の愛情

  • 愛される人間になるための条件

  • 愛情の押し売り

  • 愛が叶えられなかったとき

  • 愛することは選ぶこと

  • 自分の愛情を見つめ直す

  • 恋人の人間性を見極める

  • 理想を他人に押しつけない

  • 愛されることの目的

  • 見返りを求めない心

  • 他人に尽くす喜びの愛

  • 安心できる恋人間係

  • 愛情の喜び

  • 好きな人の気持ちが判らない

  • ゆがめられた愛のかたち

  • 求める愛の本質

  • 「愛し合う」とは・・

  • 求める愛の本質

  • マザーテレサ「愛」の本質

  • 愛の法則!

  • 愛について名言集 1

  • 愛について名言集 2

  • 愛について名言集3

  • 女性は愛されている実感がほしい

  • 愛とは、許すこと

  • 二人の愛を通わせるには

  • 自分を愛する女性が愛される

  • 他人の意見に振り回されない愛

  • 二人の心を通わせるには

  • まあまあな二人が幸せになれる

  • 愛とは「受け入れること」

  • 愛のもうひとつの形

  • 幸せになるための愛とは

  • 幸せにしたい人

  • 愛の実践

  • 深い愛 博い愛

  • 大きな愛の心で小さな愛の行為を

  • 愛するのは損?

  • 人を受け入れるということ

  • ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。